東京五輪

中村匠吾の経歴や高校、大学時代の成績は?結婚や彼女について徹底調査!

来月の東京マラソンにも出場する中村匠吾!
過去には素晴らしい経歴があり、これからも期待できるマラソン選手です!
2020年には東京五輪も控えていますからね〜
これからどんどん中村選手の注目度は高まって行くでしょう!
そんな中村匠吾の経歴や、卒業した高校、大学、また気になる彼女や結婚についてご紹介していきます!

中村匠吾の経歴とプロフィール!

中村匠吾は三重県四日市市で1992年9月16日に生まれました。
身長は172㎝、体重は55㎏とスリムな体系でまさにマラソンにぴったりなスタイルです。

高校卒業後、中村匠吾は駒澤大学に入学しました。

2013年の関東インカレの2部10000ⅿで優勝し、同年に行われた日本選手権でも10000ⅿで5位に入賞しました。

また同年のユニバーシアードではハーフマラソンに出場し銅メダルを獲得。

出雲駅伝や全日本大学駅伝にも出場し、1区を走り、区間賞を受賞しています。

4年生になると、不調が続いてしまい、レースへの出場も少なくなってしまいました。
ようやく全日本大学駅伝で調子を戻し、4区を走って区間賞を受賞。

そして第91回東京箱根間往復大学駅伝競走で1区を走り、1区区間賞を受賞し、三大駅伝のすべてで区間賞を受賞するという素晴らしい結果を残しました。
大学卒業後は富士通の陸上部に所属が決まり、入社してすぐの大会だった、2015年ゴールデンゲームズ㏌のべおかで5000ⅿA組に出場し自己ベストを塗り替える、13分43秒41という記録を出しました。

また同年に行われた第63回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で5000ⅿに出場し、6位を受賞。
この成績は日本人の最高位で、その後も数々の賞を受賞してきました。

そして2018年には、第73回びわ湖毎日マラソンで初のマラソンに挑み、7位を受賞しました。
日本人ではトップを飾り、2020年の東京オリンピック男子マラソン選考会への出場を手に入れました。
同年の9月にはドイツで行われたベルリンマラソンに出場し、自己記録を更新し、4位に入賞。

日本人のトップとなりました。

中村匠吾の出身高校と成績

高校生の頃からインターハイに出ていて、2010年に沖縄で行われた沖縄インターハイでは3位に入賞しました。
そんな高校時代を過ごした高校は、三重県伊賀市にある公立高校の上野工業高校です。
ちなみに中村匠吾が卒業後、上野工業高校は他の高校と合併し、伊賀白鳳高校と名前が変わっています。
高校時代の中村匠吾はマラソンに熱中し素晴らしい成績を残していましたが、3年生の時に全国高校駅伝に出場寸前、脚を怪我してしまいました。
走ることが困難な中、根性で出場を決意し、1区を走り切りました。
順位は44位でしたが、彼のマラソンにたいしての熱意がとても伝わる大会となりました。

中村匠吾の出身大学

中村匠吾は駒沢大学の経済学部経済学科を卒業しています。
駒沢大学は駅伝や大会で素晴らしい成績を残していて、マラソン選手が沢山卒業しています。
中村匠吾の同級生には村山謙太、先輩には藤田敦史や窪田忍、後輩には小島海斗など優秀な選手ばかりです。
ただその関係で入学当初中村匠吾の活躍が目立たない事もありましたが、めげることなく続けられる強い精神の持ち主だと言う事がわかりました。

中村匠吾の彼女は?結婚している?

とてもスマートで小顔というカッコいいスタイルの中村匠吾ですが、彼女の噂がほぼありません。
2016年に彼女らしき人と手を繋いで居るとこを目撃された事があるくらいです。
その為、結婚の話もまだ出ていません。
中学時代からマラソン一筋だったようですし、大学時代はSNSが禁止など、厳しい決まりがあったようでマラソンの練習などで彼女を作る時間などなかったのではないでしょうか。

彼女ができてから成績が悪くなっても困りますしね。。。
時間があればトレーニングをしていそうですよね!
そうじゃなきゃこんなに素晴らしい成績を出す事ってなかなかできないですもんね!
でももう社会人ですし、是非良い人にめぐり合って結婚して欲しいです。
そしてこんな優秀な人の子供がマラソンを始めたら。。。楽しみでしかたないですよね!