情熱大陸

本瀬純一(秋田犬ブリーダー)の経歴とプロフィール!年収やネットでの評判もチェック!

秋田犬といえば、渋谷駅前の「忠犬ハチ公」と答える人が多いことでしょう。

世界では、「忠犬ハチ公」をメインとしたアメリカ映画「HACHI約束の犬」がヒットし、世界中に秋田犬が紹介されました。

そんな折、国内で飼育されている多くの秋田犬の中でも、本瀬純一の育てる秋田犬は、さまざまなコンテストで受賞の経験があり、今や「秋田犬といえば、本瀬純一」といわれるほどになりました。

日本を代表する秋田犬のトップブリーダーとなった本瀬純一ですが、どれほどの時間と労力を注いできたか、知れません。

そんな本瀬純一の人物像について、ちょっとのぞいてみたいと思います。

本瀬純一の経歴・プロフィール

昭和37(1962)年、秋田県に生まれた本瀬純一は、小学生の時に秋田犬に出会ったそうです。

もともと犬が好きで、秋田犬を飼い始めたことで、中学1年生の時、「秋田犬保存会」に入会しました。

その後も秋田犬にこだわり、飼い続け、社会人になると、自宅の敷地内に広い犬舎を作り、秋田犬の数を増やし、国内の大きな展覧会やコンテストに参加させ、秋田犬の年齢別や名誉賞など、数多くの優勝や賞を獲得しました。

現在では、自宅の犬舎を「能代幸寿荘」と名付け、介護関係の会社を経営しながら、秋田犬に人生のすべてを捧げるかの様に、秋田犬中心の生活を送っているそうです。

本瀬純一の人柄

日々、秋田犬について深く追求する勉強家で、秋田犬一筋に独身を通すいちずさと、その飼育と保存に人生のすべてをかける情熱があります。
本瀬純一は、誰の目から見ても、「秋田犬に人生を捧げ、それを幸せと感じている」と映る様です。

本瀬純一と秋田犬

本瀬純一は小学生の時に秋田犬に出会ってから、秋田犬の魅力にひかれ、現在では、15匹ほどを飼育しているそうです。

本瀬純一の1日は、毎朝5時半から始まります。1匹1匹の散歩と食事、トイレの世話など、この作業を朝晩2回、必ず行います。

成犬では体も大きく体力もあるので、散歩は自転車に乗るそうですが、その距離は、1回2kmをノルマと決め、1度も休んだことがないとのことです。

本瀬純一の楽しみは、趣味の料理と晩酌だそうですが、どんなに飲み過ぎて体がつらい日でも、秋田犬の世話は欠かしたことがなく、そんな生活も約30年続いているといいます。

秋田犬は、もともとは狩猟犬です。

そのために、自尊心が強く、人間が躾けるには難しいことも多々ある様です。

ですが、本瀬純一は、秋田犬の性格をしっかりと理解し、また1匹1匹の個性を大切にしながら、いかに強く美しい秋田犬に育て上げるかに、心血を注いでいます。

本瀬純一の年収はどれくらい?

今、秋田犬の飼育数は、環境などの影響により、減る傾向にあるといわれています。

ですが、現在までに感謝の気持ちや贈り物として、秋田犬が海外に渡ったことなどが大きく影響し、特にロシアや中国では、とても人気が高い様です。

一般的な秋田犬のブリーダーの年収は200~500万円だといわれていますが、本瀬純一は、トップブリーダーといわれているので、「本瀬純一の育てた秋田犬の人気は高い」ということを考えると、年収1000万円は下らない、あるいは、数千万円に上ると考えられています。

さらに、現在の秋田犬の相場から考えれば、人気が上昇中につき、まだまだ、金額は上がっていくと想像できるでしょう。

本瀬純一のネット上の評判は?

「本瀬純一」をキーワードに検索をすると、60件ほどがヒットします。

その中のほとんどが、「ザギトワに贈られた秋田犬を育てた人」というものです。

そして、「本瀬純一の育てた秋田犬の多くが、展覧会で受賞している」ということから、秋田犬の人気が世界中に広まり、海外、特にロシアや中国からの問い合わせが多く、今では、日本国内で飼育される秋田犬の数を抜く勢いだということです。

本瀬純一の育てる秋田犬の人気は上がるばかりで、しばらくは衰えることはないだろうというものです。

まとめ

秋田犬に人生のすべてをかけて30年、今もって現在進行形である本瀬純一は、単なる秋田犬の飼育者ではなく、「秋田犬の繁殖と保存に貢献する日本のトップブリーダー」です。

その日課は、早朝から秋田犬に始まり、秋田犬に終わる日々で、天候も体調も全く関係なしの繰り返しです。

大好きは料理と晩酌を唯一の楽しみとする素朴さがある一方、秋田犬には一途で、情熱的で根気強く、探求心おおせいな勉強家であり続け、秋田犬を恋人の様にいつも考え、「ぴんと立った耳、くるりと背に向かって巻いた尾、がっしりとした四角い体形、凛々しい立ち姿、それでいて、ひとたび信頼関係ができた人間には忠実で、従順」と、満面の笑みで語る表情が印象的だということです。

本瀬純一の育てた秋田犬は、国内だけでなく、海外でも人気が高く、問い合わせがたくさん来るそうです。